お墓・霊園、葬儀に関する料金知識

お墓をつくりにはどういった費用が必要なのでしょうか?まったく見当も付かない人も多いのではないかもしれませんね。最近は渋谷にある霊園を利用するケースもあるでしょう。今回は【霊園の料金に関する基礎知識】を解説します。

お墓には

  1. (1)永代使用料
  2. (2)墓石工事代
  3. (3)管理費

などが必要です。
寺院にお願いする場合は檀家になるための費用が必要な場合もあります。

民間霊園の場合は土地代・墓石工事費・彫刻代になるでしょう。

永代使用料とは……

お墓の土地代のことです。土地を使う権利を永代に渡り取得するための料金です。それを支払うことによって霊園や寺院に永代使用権を認められることになります。<永代使用権>は永代に渡りその区画を利用できる権利のことです。霊園や墓地の使用規定が契約内容となり、一般的な感覚では土地を購入するニュアンスになりがちです。

ですが実際は土地を借りることになります。

墓石工事費

お墓の石を建てるために必要な費用で

  1. (1)墓石
  2. (2)彫刻
  3. (3)工事代

が含まれます。
これらは石材店に支払うことになりますが、高額ですからローンで支払う人もいます。

庵治石などこだわりをもった石材を使ったお墓にしたい人もいるでしょう。彫刻を細かく施したユニークなお墓が希望の人もいます。こればこるほど料金はアップするのがこの費用です。

管理費

墓地を購入すると定期的に管理料を支払うことが多いです。霊園によって支払い方法が違います。管理費の未納が数年続く場合は、永代使用権が剥奪されることもあります。使用規定を納得して契約しましょう。

負担を減らす

これ以外に寺院墓地を求める場合には檀家になることが前提条件であるのが大半です。入檀料はどのような取り決めになっているのか、その後の施餓鬼法要などで必要な金額も確認しておきたいです。近頃は<終活>という言葉があって、エンディングノートを付けたり、自分のお葬式の準備をしたりと、できるだけ残された家族に負担がないようにすることがトレンドになっています。

中には、年齢的にはまだ早いから墓石は後で建てるにしても、霊園など気に入った墓地だけを先に購入しておきた人もいます。今回のテーマは【霊園の土地だけを先に購入することはできるの?】です。

霊園の土地を先に購入する場合の注意点

――大半の霊園では建立期限が指定されています。土地だけを先に購入するのは簡単ではないのが現実です。東京の都立霊園や都営霊園の場合で言えば、建立期限は2年以内とか3年以内と決められています。とりわけ公営霊園の場合は申込する時点で埋葬していないご遺骨を持っていることが必須条件です。

こういったことを考えると事前購入に関しては<民間霊園>か<寺院霊園>しか選択肢がありません。

土地だけを先に購入するには……

寺院霊園の場合は墓地の区画を明確にするために外柵は先に立ててもらうケースが多いです。民間霊園の中では生田の丘陵地帯にあって約70,000坪の広大な敷地がある「春秋苑」が建立期限なしの区画を準備してくれます。日本で最初の民間霊園です。

最初の区画は期限が設定されていなかったのです。大型霊園の場合は土地である永代使用権のみの購入が可能になっているケースが多いです。ですが土地のみ購入ができる霊園はとても少ないです。希望の立地条件とは合わないとか選択肢は狭くなるでしょう。

葬儀に関する料金

親族が亡くなった場合はお墓や霊園の費用だけでなく、葬儀に関する費用も考えなければなりません。
一般葬だとだいたい100万~200万くらいの費用が必要となります。
費用を抑えたいという方は、コンパクトな葬儀「家族葬」で費用を抑えることができます。

まとめ

昔と違って最近の霊園はいろいろな墓地や墓石があります。土地のみで全てが決まるわけではありません。建てる墓石が縦型なのか横型なのかによっても区画の広さも違ってきます。それと先に購入した場合は、親類に土地があることを伝えておきましょう。お墓を建てる場合は無理のない費用で建てるようにしましょう。
またお墓だけでなく葬儀にもお金がかかってしまうので、どうしても費用が足りないという方は家族葬で葬儀に費用をかけず済ませることも可能です。

【おすすめ葬儀サイト】 家族葬|葬儀・家族葬・お葬式なら「花葬儀」

更新情報

△PAGE TOP