地方自治体や市区町村が管理・運営する公営霊園についての基礎知識

公営霊園のは募集があるのでしょうが、いつ頃なのか――いろいろな疑問があると思います。
今回は【地方自治体や市区町村が管理・運営する公営霊園についての基礎知識】を解説します。

公営霊園の募集時期

古くからの利用者が多いですから区画整備をして区画が開いた時だけですから不定期です。
はっきりした募集時期は区画調整のスケジュールによって違ってきます。
東京の都立霊園の場合は毎年定期的に7月中旬に募集があります。
その場合でも墓地の返還があったり無縁墓を撤去による再販区画のみです。
数や面積は一定ではありません。

合祀墓・樹林墓地の募集

近頃では上記のような募集が増えています。
生前でも申込できるのがメリットです。
けれども一般的なお墓とは異なり埋葬や納骨は他のご遺骨と一緒になります。
後から改葬目的で遺骨を取り出すことは不可です。

公営霊園で定める条件

実際には市区町村によって条件には違いがありますが共通する内容をピックアップしました。

  1. (1)申込する本人が●年以上○○市に継続して居住していること
  2. (2)申込遺骨の祭祀の主催者であること
  3. (3)一度も埋葬していない遺骨を持っていること――この場合は分骨や改葬は不可になります。
  4. (4)●年以内に遺骨を埋葬すること
  5. (5)申込は1世帯に1区画のみ……

こういったことがあります。

まとめ

以上のように公営霊園の条件は結構厳しいです。
民間霊園の場合はお申込条件がなかったり期間の縛りがなかったりします。
料金は公営霊園よりは高くなりますが、抽選などもないので好きな区画を選べます。
公営霊園よりも土地の面積は小さくなりますが、ほとんど料金が変わらないところも増えてきました。
公園型の民間霊園も増えて人気になっているので一度検討してみてはどうでしょうか?

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP