ガーデン墓地の特徴

首都圏にあるガーデン墓地で人気の霊園は【神奈川】旭翠苑・湘南フォレスト・アドミール座間・メモリアルパーク大和墓苑【東京】メモリアルガーデン三鷹・クラウド御殿山【埼玉】さいたまメモリアルパーク・富士見メモリアルガーデン・川越フォーシーズンメモリアル・平和浄苑があります。
今回は【ガーデン墓地の特徴】について説明しましょう。

ガーデン墓地とは……

墓石の周囲を植栽や花で飾れるようなデザインになっています。
花のみではなくて植栽して背が高くなりすぎないような木を植えて楽しむ事もできます。
また玉砂利を敷いて日本的にしたりして差別化を図っている霊園も見られます。
霊園のトータルコンセプトがガーデニングをイメージしているところでよく見られるお墓のタイプです。
特徴としては花を植えている部分の外側に囲いを造っていることです。
そのようにしてお隣の墓石との境目をつくっているのです。
こうしておけばお花が伸びてきても隣の墓所まで進出しないのです。
似たようなタイプのものでは<花壇墓地>というタイプもあります。
こちらは植栽や玉砂利を入れるのが一般的です。
近頃のガーデン墓地は新しいシステムを導入しています。
お花や植栽が枯れにくくするために墓所のシステムを吸水性に優れた構造にしているのです。
常に綺麗なガーデニングを楽しめるような工夫がみられます。

故人がお花が好きならばぴったり!

故人が好きだったお花をお墓に植えてみてはどうでしょうか?
故人も喜ぶでしょうし、お墓参りに来た人達も思いでに浸ることができるでしょう。
芝生墓地とは異なってガーデン墓地は枠の中は自分たちの好みに変更できます。
後になって芝生にしたりとか、置物を設置したりできるので高評価です。

まとめ

花壇墓地とガーデン墓地は似ています。
ですがガーデン墓地はお花を植えるのがメインコンセプトです。
地下にカロート(納骨棺)を儲ける墓地タイプが多いです。

関連する記事

    None Found

次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP