公営霊園と民間霊園の料金の目安

霊園を検討する場合には立地条件なども気になるところですが、一番気になるところは費用や値段の話になるでしょう。
今回は【公営霊園と民間霊園の料金の目安】をテーマにしてお話をしたいと思います。
霊園をどこが運営するのか――これによって大きく違ってきます。
大体の相場が分かっておれば道筋が決まってくるでしょう。

公営霊園

公営霊園の場合は地方自治体によって運営されるのですが、極端に安いケースもあります。
費用的にみると寺院墓地と比較しても割安になる場合が多いですね。
一番安い地方自治体の公営霊園の場合は数万円で大丈夫なところもあります。
まあ、現実的な料金で考えると「墓石+土地代」で170万円前後が相場と考えていいでしょう。
東京を中心とした首都圏でもこの料金でおさまります。
公営霊園の場合は30万円から130万円ほど安い料金で利用できることになります。
納骨堂と比較すると公営霊園は割高かもしれません。
ですがメリットも多いですね。

  1. (1)自然の中に埋葬できる
  2. (2)いつでもお参りにいける
  3. (3)従来どおりの手入れができる
  4. (4)外が見える……

などです。

民間霊園

民間霊園を利用する場合はお墓を建立するのと料金はほぼ同じで初期費用で270〜320万円です。
管理元が民間企業かお寺の違いと考えていて丁度でしょう。
ですが、民間霊園の場合は競争がありますから、永代供養料を無料にするキャンペーンをしたりします。
また墓石購入を値引きするとかがあるので、この値下げサービス分は結構大きいです。
最終的には寺院の土地(墓地)を購入するよりもお得になる場合もあります。

まとめ

これとは別に、維持費や管理費が必要になります。
これは民間霊園でも公営霊園でも年間で5,000円から15,000円ほど必要です。
民間霊園の場合は経営がおもわしくなくなれば閉園というリスクもあるので頭に入れておきましょう。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫
△PAGE TOP