霊園を探しているときにでてくる「宗派不問」とはどういう意味?

お墓を用意しておきたい――ある程度の年齢になりお墓がないと、将来どうしようかと考えます。
終活と呼ばれる言葉が生まれてきていますね。
霊園の情報などを見ていれば「宗派不問」とか「宗教自由」と書かれているのです。
具体的にどういった違いがあるのかを学びましょう。
今回のテーマは【霊園を探しているときにでてくる「宗派不問」とはどういう意味?】です。

宗教自由

宗教自由――お墓を購入する人たちが、どういった宗教を信仰していても特に制限がなくお墓を持つことができる――という意味です。
霊園によっては「自由」とか「不問」とか表現していますが、両者に違いはありません。
宗教自由も宗教不問も同じ意味と考えて良いです。

宗旨不問・宗派不問

宗旨――これは仏教の各流派の意味です。
宗派――同一宗教でも儀式の違いがあったりしますから、それによって生まれてきた分派を意味します。
一般的には「宗旨」と「宗派」は同じ意味と解釈されることが多いです。
ですが宗教自由と同じ意味で考えて良いケースだけではありません。
仏教であれば宗派は問いません――などということもあります。
宗教自由という考え方とはあきらかに違います。

注意しておきたいこと

<過去の宗旨・宗派不問>という記述があれば注意しましょう。
これはお寺の墓地を購入するときに目にします。
お墓を購入する際には宗旨・宗派の制限は全くありません。
ですがお墓を購入した後は、そのお寺の檀家になり<改宗>することが条件になっていることが大半です。

まとめ

<在来仏教に限る>という条件があればキリスト教やイスラム教の信者さんは購入できません。
霊園によっては宗教の対応はいろいろですが、基本的には宗教の自由は認められています。
これも事前にしっかりと確認しておきたいことです。

関連する記事

  ≪ 前の記事: を読む  
△PAGE TOP